良すぎるの。本当に。

どーも、KOTAです。

良すぎるといえばコレです↓↓

現在絶賛受注予約受付中のPISSEI日本別注「マジェステラーレ」は6/19までご予約受付中。
MAGISTRALE JAPAN LIMITED 25,000~29,000
素材感はメッシュのエンボス加工でとっても軽量で吸い付くフィット感です。とまぁ拘りのところは、また今度。でもこれひっじょ~に良いです。後悔は絶対させません!

 

今季のPISSEIは買いか否か

 本題のご紹介に入る前に、今季のPISSEIは買いか否か。すこ~し考えてみました。答えは・・・って当然もう出ていますけどね。最後にいいましょうかw

まぁ焦らずじっくりお酒のお供に読んでくだされ。知れば知るほどPISSEIってカッコイイし素敵です。

 

PISSEIのTEMPOはとってもとっても・・・

ということで、

今日の本題はPISSEIのサイクルジャージ【TEMPO/テンポ】

テンポ ウォーターカラー ショートスリーブジャージ【TEMPO SHORT SLEEVE JERSEY】 ¥14,500

 お値段が抜群な設定じゃない?さて詳細を覗いていきましょう。

 

カラー&デザイン

まずは色。CaLORSセレクトショップでは5色展開です。黒と赤も非常に美しいです。

今回TEMPOの色は一見カモフラのように見えますが、ちょっと違います。よ~く見ると、水の中に絵具を一滴たらしたようなグラデーションがポイント。ハッキリとわかるグラデーションではなく、何色も織り交ざってようやく1色を形成しているような、とても繊細なデザイン。

個人的には今季のコレクションで一番と言っていいほど拘っているのが、TEMPOのデザインです。エントリーなのに?!お値段安くしてデザイン費用とかも抑えてるんじゃないの?!!って思いますが、そもそも、PISSEIはこれをエントリーだと思ってないのでしょうね。たまたま値段を安くしてるだけって話で。

他の色も本当に綺麗です。黒と赤もオススメです↓↓

フィッティング

フィット感はエアロ寄り。カジュアルにしすぎると逆にだらしないので、この塩梅は大切だし丁度良いと思います。シリアスからカジュアルライダーまで幅広くしっかりとフィットするTEMPOジャージ。

ディティール

それでは各ディティールをチェックしていきましょう。


首元には包み込むように柔らかく袋縫いされたスタンドカラーを配置。首の締め付けがなく非常にソフトタッチとなっています。そしてしっかりとPISSEIロゴのオリジナルファスナー引手。これ重要ですよね。


袖は上位モデル「プリマペーレ」と同等レベルのシームレス生地で尚且つエアロフィット。ボディのそれぞれの役割に応じて適材適所の生地を考慮するとは、、、非常にレベルが高いですね。エントリーモデルでは、コストアップにつながりますので、基本こういうことはやりません。もうPISSEI好き。


後ろはシンプルな3ポケット。ふ、ふぅ。。。普通だ。

まったくPISSEIのやつ、しっかりデザイン拘るし、生地の配置だって拘るし、ようやく「あ、普通じゃん」なポイントを発見しなぜか安堵しましたが・・・

お、、、お、、、おい待てよ?


PISSEIロゴのところ、実はリフレクターじゃないか!もう!PISSEI好き。しかもテイル部分(裾)はジャージ生地ではなく別途伸縮性のあるエラスティック生地に変えることで腰回りヒップ周りのフィット感を良くして前傾時にバタつかずエアロフィットに寄与する作りになっているじゃああないか!!!(ここまで早口)

 

お、恐ろしい。。。

今季のPISSEIのテンポは買いです

ジャージ買うときの判断材料は人それぞれですよね。値段でもなんでも良いと思います。値段って一番か二番争うくらい重要ですから。

でも僕はこれがぶっちゃけ、PISSEIの今季コレクションの中で一番デザインされていて、カッコイイと思います。

ちゃんと見て、ちゃんと着て、ちゃんと走ってみると、この値段でこのレベルのジャージは超大規模なブランドじゃないと真似出来ないだろうなと思いました。

日本のデザインも良いですが、やっぱりイタリアのデザインって今でも全然衰えてませんわ。。。日本じゃこんな色出し無理。。。

今季はそれだけの良作。

夏の相棒にぜひどうぞ!

購入はこちら。

それではまた次回!

"KOTA"

6月 08, 2022
タグ: PISSEI